FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information
    ようこそ、あしの小指へ!
    ここは農家の嫁っこであるH.N.はなやまが管理するブログです。
    記事は趣味の編み物・織り物・ヘンプなどに関することを中心に
    農作業模様も加え、「手作り」に関することをお送りしています。
    機はアシュフォード・リジッドヘドルルームです。
    時々愚痴っぽい日記も書いています(苦笑)

    なお、各種ジャガイモ(変り種もあります)・長芋の販売もしております。
    興味のある方は右側メールフォームよりお問い合わせください。



    Welcome my blog.This blog is created in Japanese.


栽培キット
2018 / 06 / 27 ( Wed )
 最近なぜかクロスワードに目覚めた方。
はなやまです。
こんにちは。

 今日は雨です。
どしゃぶりです。
なので、家でダラダラしています。
引きこもりです。
なんだろう、このダメダメ感・・・ってくらい。
そして晴れる明日は日時が決まっている事務仕事が。
なんかもったいない。
そう思うようになりました(今更)

実は今、家の中で「わさび菜」という野菜を育てています。
20180627111818628.jpg
詳しくは↓

最初は栽培セットを買って育てて、上手に出来たので、これは2回目です。
置いているのはもちろん、南側の窓。

ここでひとつ、プロっぽいことを言ってみようと思います。
実は買った栽培セットは「バジル用」でした。
念をおしますが、育てているのは「わさび菜」です。
では、数ある栽培セットの中でなぜバジル用を選んだのか

生育期間と適切温度がわさび菜と近かったから、です。

栽培セットには大抵、土っぽいものが入っていますが、土に含まれる肥料は
生育期間中に効果があるもの、です。
適切温度は、付属している器やトレイ、おそらく土も、それに適した作りになっていると予想されるからです。
ホントはpHも知りたいところですが、それは書いてないので仕方ない。

そんなわけで、まずは付属しているもろもろを使って育ててみたんです。
追肥用液肥なんかも入っているものでした。
ちなみに600円くらい。
そしたらしっかり生えてきて、おいしくいただきました。

そして今回の2回目。
これは当農場の土を使いました。
な・ぜ・か?
前回の土に含まれていた肥料が、一度の作物生育によって使い尽くされている
と、予想したからです。
当農場の土には、家庭菜園用にあらかじめ肥料も入れてありますし、心配ありません。
あとは適度に空気を含ませて、播種。
土によって水の含み方、はけ方が違うので、水やりは慎重に行います。
あとはわさび菜が育ってきて、
「あぁもう上が重くて倒れちゃうよ・・・」
ってなってきたら、生え際に土を盛って助けてやると吉、です。
そんなに盛りませんよ。ほんのちょっとです。
プランターの中での土いじりにはプリンを買ったときにつけてもらえるプラスチックの浅いスプーンがぴったりです。
それでちょいちょいっと溝を作って種を蒔いて、さっきの土を盛るのもちょいちょいっとやってやる。
縮尺的には、私たちがいじっている土に平スコップを使うようなもんだと思います。

こんな風に、栽培キットを買うけど別のものを育てたいという際の注意点として
最も大切なことは

生育期間が近いか

です。

生育期間中は、キットの場合は書いてある通りに水やりのタイミングを見計らってください。
まあ適当です。ちょっと育ってきたら、葉っぱが少ししんなりしてきたらたっぷりやればいいです(雑)
追肥も書いてある通りにやった方がいいですが、添付されているものの半分でもいいくらいです。
実際半分で済みました。
なんか生育が止まってきたなーと思ったら、ちょいちょいっと葉っぱにかからないように。
そうそう、100均とかで売ってる安い醤油差しが便利でした。
水の勢いも少ないので、土を掘ってしまうこともないし、追肥は狙い撃ちできるし!

あとは間引きでしょうか。
もちろんそれも栽培キットに書いてありますが、ためらわずガンガン抜きましょう。
これがあるので、種は多めに蒔いてOKです。
プランターを上から見て、もさもさして手狭になり、太陽が当たりにくくなってきたら小さいものを主にターゲットにします。
最初のうちはピンセットなんかがあると便利ですね。

大きくなるにつれ、根も丈夫になっていますので、抜き取るときに土が持ち上がってしまいます。
その時はさっきの浅いスプーンで軽く押してならしてあげてください。
じゃないと隣の子がヨタヨタしてしまいますので。
最終的には、そこそこ食べられる大きさになってきている若い子から抜いて料理してしまいましょう。
根の張りが良すぎて抜けなくなったら切っちゃってOKです。
なるべく土に近いところを切りたいですね。

そんな感じで、なんとなく農家っぽいことを言ってみました。
一般的に売っている栽培キットでも、読むべきところをきちんと読めば、違う作物でも立派に育つことが証明出来ました。

はなやまでした。
スポンサーサイト


11 : 50 : 19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一大イベント | ホーム | 明日から本番>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ashiyubi.blog70.fc2.com/tb.php/592-08683c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |