全件表示TopRSSAdmin
information
    ようこそ、あしの小指へ!
    ここは農家の嫁っこであるH.N.はなやまが管理するブログです。
    記事は趣味の編み物・織り物・ヘンプなどに関することを中心に
    農作業模様も加え、「手作り」に関することをお送りしています。
    機はアシュフォード・リジッドヘドルルームです。
    時々愚痴っぽい日記も書いています(苦笑)

    なお、各種ジャガイモ(変り種もあります)・長芋の販売もしております。
    興味のある方は右側メールフォームよりお問い合わせください。



    Welcome my blog.This blog is created in Japanese.


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
雨乞いの儀式
2015 / 07 / 18 ( Sat )
 タイピングゲームと音ゲーが大好きな方。
はなやまです。
こんにちは。

 しばらく雨が降っていません。
干ばつで作物の成長が止まり、太陽サンサンでビートは夏バテ。
そんなわけで、昨日と一昨日、雨乞いをしました。
我が家にある散水機さんの登場です。
散水機は設置にも時間がかかるし、十分な量の水をまくと大抵次の日は雨。
ホラ、そんなもんじゃないですか(笑)
でも一昨日だけでは足りなかったようです。
なので昨日も発動。
散水機というのはとても大きな機械です。
ちょっとご紹介しましょうね。
下をどうぞ。
これが散水機の本体。写真右側には大きなホースを巻き取る場所があります。
20150717153252628.jpg
降水量や時間などはコントロールパネルで設定しますが、なんとこれ、ソーラーで動いてるのです。
水をまくときも、水圧や太陽光でエネルギーを供給することも出来ます。
20150717153249849.jpg
これが農作業用水のバルブから水を運ぶパイプです。
ちょっと手前の方に黒いのがあると思うのですが、それ、私の手です。
これほど太いデス。
20150717153302296.jpg
これらをジョイントして、撒きたい場所まで水を通すのですが、このように邪魔にならないように何本も繋ぎながら設置します。
20150717153258996.jpg
畑に設置された散水機を角度を変えて。
20150717153255256.jpgでっかいデス。

今回は上方に水をあげ、それを叩いて水流から水滴にした状態で畑に落ちる、というやり方をします。
撒いている様子はこんな感じ。
20150717160301407.jpg遠くから見ると空に向かって白い水のショットが見えるかと。
ちょっと近くで見ると、シュバッシュバッと水をショットガンのように発射し、それを直後に叩いて水滴になって畑に着地するような感じ。
20150717160254839.jpg
わかりますかね?写真右側に水を発射しているところ。
左に行くにしたがって水が広がって水滴状になっています。
20150717160248502.jpg

畑の長さにもよりますが、大体7~8時間かけて畑の端から端へゆっくり移動しながら設定した降水量を撒きます。
左右に水のショットを振りまくので、畑に対して縦に動く散水機の左右数メートル先まで水が行き届きます。
ちなみに今までの写真はジャガイモに撒いています。
元気がないし、このままだと干ばつの影響で生育不良となり小ぶりなジャガイモになってしまうんですよね。
20150717153240090.jpg
クリックで多少大きくなりますが、畑の反対側に倉庫があります。
その倉庫に撒いた水が被弾して(笑)屋根がわずかに濡れているのがわかりますかね?
結構しっかりじっくり撒くのですが、水のショットが左右に首をふりつつ散布。
行って帰ってきた頃にはもう倉庫の屋根に被弾した水は乾いていました
どんだけーー!
ってくらい太陽サンサン。乾燥しきった空気です。
この散水はあまり太陽が高くて気温が高すぎると昼間にやってはいけません。
ショットが水滴となって作物に辿りつくころにはぬるーい水に。
そして着地した水が太陽を浴びて熱くなってしまうんです。
そうすると、熱湯までは言いませんが、熱い湯を作物にかけている状態になってしまって、茹でてる、みたいなことになりかねないんです。
そうしたら当然、作物は葉が茹でられて元気なくなりますよね・・・
逆効果なので、散水をするにもタイミングが必要です。
農業用水は高圧で流れていますので、散水が終わる頃に行ってバルブを止めなければ、ホースが破裂してしまいます。
なので終わる時間を逆算して、7~8時間後にちゃんと起きてても支障がない程度の夜中になるように。
作物が煮えないギリギリの昼間からスタートするわけです。
この日は15時半頃からやり始めました。
終わったのは23時頃。
前回は終わったのが24時頃で、ちょっと起きてるのがつらかった(苦笑)

さて、これで雨乞いは成功したのでしょうか?!
ちなみにこれを書いている今日は、先ほどチラッと雨が降っただけです。
もっと降ってくれー!

はなやまでした。
スポンサーサイト


11 : 31 : 37 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雨乞いの儀式、その後 | ホーム | テニス肘>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ashiyubi.blog70.fc2.com/tb.php/524-8d8335a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。