全件表示TopRSSAdmin
information
    ようこそ、あしの小指へ!
    ここは農家の嫁っこであるH.N.はなやまが管理するブログです。
    記事は趣味の編み物・織り物・ヘンプなどに関することを中心に
    農作業模様も加え、「手作り」に関することをお送りしています。
    機はアシュフォード・リジッドヘドルルームです。
    時々愚痴っぽい日記も書いています(苦笑)

    なお、各種ジャガイモ(変り種もあります)・長芋の販売もしております。
    興味のある方は右側メールフォームよりお問い合わせください。



    Welcome my blog.This blog is created in Japanese.


たばこ
2008 / 12 / 06 ( Sat )
長芋の収穫が終わってすぐの頃だったろうか。
たばこを買いにコンビニへ出かけた。
家のストックを切らしたのだ。
いつものSALEM light。

そこで偶然出会ったのが日本たばこの人。
その人が言うに、12月1日(より前だったので)にセーラムの新しいシリーズが出るんだとか。
で、なんと1箱いただいてしまった!!
いやっほぅ~~い!

ってなわけで、こちら、もう発売になってる新しいセーラム。
alaska01.jpg

日本たばこのオッチャン曰く
アラスカという名前のとおり、アラスカをイメージしたパッケージ。
雪の白をベースに、2色の白を使ってデザインした箱。
凹凸のある加工にし、そこに描いたのはアラスカに生息する鹿の角。
ちなみにアラスカって名前は、清涼感というかメンソールをより強くしたバージョンだからなんだとか。
そのへんを熱く語っておりました。
セーラムって書いてへんやん、とツッコむと、アラスカの文字の下のほうに小さく印字してあり、そこを指差して「ほらほら、ここに」と。
なるほど・・・

で、あけるとこんなん。
alaska02.jpg

ごく普通のたばこに見えますけど、上からフィルターを見てみると違いがわかります。
alaska03.jpg
なんぞ、パスタのアルデンテ状態のように芯が入ってます。
これが強力メンソールの秘訣か。

吸った感じ、とてもメンソール強いです。
確かに。
すはーーーってなる。
でも、ライトが7mgに対してアラスカは5mgなので、かなり軽い感じ。
さらにメンソールが強いからもっと軽く感じる。
個人的には、もっとセーラムの香りがあってもいいんじゃなかろうかと思う。
吸い込むときの感じはセーラムなんだけど、香りがねぇ・・・
メンソール強いのが流行っていて、その波にのったんだろうけど・・・うーん。
イマイチ、かな。
うまいにはうまいけど、1箱吸い続けると、ライトが欲しくなります。
乗り換えはないな。
スポンサーサイト


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記 - カテゴリー:日記 日常関係

20 : 57 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おるすばん
2008 / 12 / 05 ( Fri )
「お留守番」
小さい頃からよくあることだった。
母がよく入院していたし、それでなくても出かけることの多かった人だ。
父の帰りも遅い。
だからいわゆるかぎっ子だったわけだが、そのとき苦楽をともにしたのが2匹の愛犬だった。
今では想像もつかないほど(笑)泣き虫だった私だが、犬を守らなきゃ(犬は私を守らなきゃと思っていたようだが)と、言いつけどおり玄関のチャイムにも出ず、おやつや夕食も決められた時間を守って食べ、お米をといだり洗い物をしたりもがんばっていた。
それでも心細くて、お留守番ノートという名のマニュアルにないことが起きると動転し、よく父の職場に電話をかけたものだった。
涙をこぼしながら電話し、知っている会社の人が出た電話口で泣きじゃくって、いわゆる「お話にならない」状態だったりもした。

と、そんなことを最近よく留守番するせいか、ふいに思い出した。
あの頃はかわいかったなぁ~(遠い目)

そういえば、だからなのかもね。
留守番は嫌いじゃない。
っつかむしろ好き。
家の中にいるの苦にならない。
1人の時間を大いに楽しめる。
自分のペースで自分のことだけを考えて自分のために行動する。
この素晴らしさ、理解できない人も多くいる。
さみしいだろうからかまってあげる、なんておせっかいだけはどうかご勘弁願いたい。
ホント、マジで。
ひとりにしろよ。たのむから。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記 - カテゴリー:日記 日常関係

16 : 04 : 32 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブランケット
2008 / 12 / 01 ( Mon )
今日は久しぶりに編み物ネタです。
ようやくそんな余裕が出てきました。ホッ。

そんなわけで、今はこの本から。

とっておき手編みのブランケット―使い方は無限大∞心おどるハンドメイドニットとっておき手編みのブランケット―使い方は無限大∞心おどるハンドメイドニット
(2007/10)
渡部 サト

商品詳細を見る


総アランのブランケットがありまして、それがどうしても編みたかった~。
長方形で、縦に編んでいきます。
左右で模様が違い、縁編みをするのですが、その縁編みは3辺だけ。
あとの1辺は編んでいく過程でマフラーのようにすべり目して整えていきます。
これが好みだった。

ただ・・・これに適していそうな毛糸がピンクしかなくって・・・
私にはどう転んでも似合わないピンク。
夜中に散々悩み、ピンクの大好きな友達に突然写メール。

私「ねえ、この色の糸でブランケット編んだら使ってくれる?」
友「な、なに、いきなり。でもかわいい色じゃん。使う使う~」
私「よかった。そんだけ。」
友「なんじゃそりゃー(笑)」

そんなわけで、行き先も決まったので編み始めました。
こちら。
bran01.jpg まだ半分行くか行かないかってとこでしょうか。
でも楽しいのよ~♪やっぱりアラン大好きです。編んでて楽しい。

ちなみにアップはこんなん
bran02.jpg
左右どちらの模様も1模様の段数が同じだし、裏で手の込んだ細工をしないベーシックなアランなので、難易度はかなり低め。
だからこそ、テレビ見ながらとか編めて好き(笑)

しばらくは飽きそうにありません。

ちなみにこの本にはもうひとつ総アランのものがありました。
そちらはボブルがついてる。
私、個人的にボブルは好きじゃないんです。
まあカットして編めばいい話なんですけど・・・全体的な模様はいい感じなので。
ただ、縁編みを3辺にしかしないってのが決め手になりました。
こういうちょっとしたひねりが大好きなんだな、また(笑)


テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー: 編み物

11 : 50 : 25 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |