全件表示TopRSSAdmin
information
    ようこそ、あしの小指へ!
    ここは農家の嫁っこであるH.N.はなやまが管理するブログです。
    記事は趣味の編み物・織り物・ヘンプなどに関することを中心に
    農作業模様も加え、「手作り」に関することをお送りしています。
    機はアシュフォード・リジッドヘドルルームです。
    時々愚痴っぽい日記も書いています(苦笑)

    なお、各種ジャガイモ(変り種もあります)・長芋の販売もしております。
    興味のある方は右側メールフォームよりお問い合わせください。



    Welcome my blog.This blog is created in Japanese.


ハリーポッターのごちそう
2017 / 06 / 29 ( Thu )
 ハリーポッターシリーズは全部読んでいない方。
はなやまです。
こんにちは。

 実は今?話題になっているハリーポッターネタをひとつ。
以下は「ごちそう」としての描写です。

「ジャーマンポテトに
香ばしいベイクドポテト、
山盛りの茹でた芋と、
金色のポテトフライ、
そして銀の皿に盛られたマッシュポテト」


原作、いわゆる英文で書かれた文章をそのまま訳したらこうなった、的なものらしいです。
日本語版だとその箇所と思しきシーンでは、描写はもっと肉料理に満ち溢れていました(苦笑)

しかし・・・芋料理。
ダンナがツイッ○ーでこれを見つけたらしいのですが、芋農家としてはこれはやってみるべきではなかろうか!
こんなにもツ○ッターで話題になってるんだもん!
と力説。鼻ふくらまし付き。

あーーわかりました。わかりましたとも。
やってやろうじゃないの!

というわけで、実際に、やってみた。
以下、広げてみてください。
スポンサーサイト


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ - カテゴリー:手作り 食べ物関係

13 : 56 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まとも?な料理
2017 / 02 / 08 ( Wed )
 ポイントカードはとりあえず作ってしまう方。
はなやまです。
こんにちは。

 今回は久しぶりにまともな料理を作ったのでちょっとアップ。
名前は・・・
「たらと野菜の和風パスタ」
といったところでしょうか。
20170208123118736.jpg
材料は簡単だけど、何気に手間がかかってます。
<材料>
・ほうれん草 半束くらい
・じゃがいも(メークインがベスト)1個
・しいたけ 4つくらい
・たら 適当
・固形の鍋の素(1人分から作れるとかいうアレ)1個

まずはパスタ用にお湯を沸かしにかかる。
レンジでほうれん草をチン。600Wで1~2分かな?
少し水にさらして渋みを取ってからおひたしにするくらいの大きさにカット。
取っておく。

じゃがいもを千切りに。
(たぶんこの前後くらいでお湯が沸いてると思うので、多めの塩とパスタを投入。)
(茹でに入っておく。)
フライパンにオリーブオイルを少し多めにひいて、ジャガイモをザッと炒める。
本当にザッと。うっすら塩コショウもしておく。時間は秒か、1分でシャキシャキ感を残す。
取っておく。

フライパンをちょっと洗ってからオリーブオイルをたらし、一口大に切ったタラを焼く。
焼き色がついたらパスタの茹で汁を投入。
大体200㏄くらいかな。パスタに絡まる程度の水分で。
2~4㎜くらいにスライスしたしいたけも投入。
さらに固形鍋の素も。
すぐに沸騰するので、なんとなーく水分を維持しつつ、パスタのゆであがりを待つ。
煮詰まっちゃったら水足して、水分量をキープ。

茹で上がったパスタはザルにあけ、オリーブオイルをちょっと絡ませる。

で、フライパンからタラを取り出し、代わりに取っておいたほうれん草を投入。
上からパスタ、取っておいたジャガイモの炒めたやつも投入。
全体的にざっと混ぜる。
味見して、薄かったら塩で調整だけど・・・いらないと思う。
パスタの茹で汁と固形スープで塩分は十分なはず。
お皿に取り分け、上に取っといたタラを乗せて出来上がり。

タラには固形鍋の素の味が染みてると思う。
下茹でしたり前もって炒めておいたりソテーしたり取り出したりと、普段の自分ではありえないくらい手間でした。
でも、洗い物はパスタ茹でる鍋とフライパン、まな板、包丁それぞれひとつずつ。
何か取っておいたりするのは、あとでパスタを盛り付けるお皿で結構。
どうせ同じ味になるんだから(笑)

極めつけはコレ!
20170208123126274.jpg
タバスコならぬ、ゆずスコ
柚子胡椒のタバスコバージョンみたいな感じ。
食べてるときに、アクセントにちょこっとかけてみたら、ものすごくおいしかった。

ちなみに今回使った固形鍋の素は「白湯スープ」とかいうやつ。
基本は塩味だったかな。
醤油味でもイケると思う。
味噌とかチゲとかは微妙だと思う。

せっかく紹介した「ゆずスコ」ですが、九州の親戚からもらったので、入手ルートはわからないです。
とにかく旨い。
ジャガイモとか入ってるので、見た目よりちょっとこってりしているのを和らげるのと、サッパリとした辛味が良い。
これは唐辛子ではできない芸当。

本当は牛乳を入れてクリームパスタにしようと思ったんだけど、牛乳がなかった・・・
でも、なくても成立するんじゃなかろうかと思ってやってみたら、ビンゴ。
パスタの茹で汁を使うなら塩はいらない。牛乳を使うなら、味見しながら塩加減を調整した方がいいと思う。
あと、水分はパスタがべちゃべちゃにならないようギリギリの量にしたので、クリームパスタならもっとあっていいと思う。

思うばっかりで申し訳ないけど、そんな今日の昼ごはん。
別に解読に苦戦しまくってる伝票から全力で逃げてるわけじゃないんだからね!
これからやるもんね!

はなやまでした。


13 : 28 : 22 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クイーンの力
2014 / 08 / 08 ( Fri )
今年の小麦刈りはもう終わってしまいました。
なんせ去年始めた日に終わるんだから、どんだけ早いんだ!って感じです。
そして毎度お馴染みのビシソワーズを毎日作っていました。
「これのために一日頑張れる」
なんて言われたら作っちゃうよね(笑)

で、最終日にはそれにふさわしいビシソワーズを!
と、農家特権で特殊なじゃがいもで作りました。
どうぞ…


11 : 59 : 20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
乾燥パセリ
2014 / 07 / 09 ( Wed )
明日、結構歩く予定なので、昨日からさらに鉄分補給を強化しています。
こんにちは。はなやまです。

義母が毎年パセリを植えてくれています。
もっさり出来るので、まず食べきれません。
そこでやるのが乾燥パセリ製造 ~!
作るのは簡単。
軽く水洗いして、キッチンペーパーで水気をとります。
茎から葉のみをちぎって取って、クッキングシートに並べます。
重ならないように注意。
こんな感じに。

写真はうっかり7分ほど焼いてしまったあとなんですがね…(苦笑)

で、あとは自宅のオーブンで可能な限り低温にします。
うちは100℃でした。
余熱後30分ほど焼きます。
時間はあくまで目安です。
手で軽く触って、カサカサっと乾燥した感触になるまでです。
こんな風になります。

結構小さくなりますよね。

あとは冷めるまで待ってからジップロックなどに入れ密封。
袋の上から軽く叩くとすぐ粉々になるので使いやすいです。
保存は冷凍庫。
ちゃんと乾燥して、ちゃんと冷ましておけば、中に霜がつくこともありません。
色も結構鮮やかで、市販のものよりずっと香りが良いですよ(* ̄∇ ̄*)

よくスーパーで売っているパセリも結構多いですよね。
同じようにやれば無駄なく使えそうです。

以上、備忘録がわりに。

さぁ、今晩はまぐろとあさりだー。


14 : 37 : 21 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家のカレー
2014 / 04 / 08 ( Tue )
最近三つ葉が安いので買いまくって親子丼祭りのはなやまです。
こんばんは。
お久しぶりです。

突然ですが、我が家のカレーは非常に雑です。

倉庫に行って玉ねぎと人参とじゃがいもを調達。
肉は冷凍庫に常備してるので活用。

それぞれの野菜。特にジャガイモは一口に入らないほどの大きさにぶった切って、他の具も適当にぶった切ります。
圧力鍋にゴロゴロゴロ。
一応焦げ付き防止と具材が浮いちゃうことを考慮して、鍋下から順に玉ねぎ・人参・肉・ジャガイモ。
あとはテキトーに水入れて加圧。
重りが浮いたら即火を止めて自然脱圧。
あとはテキトーにカレールー突っ込んでちょっと煮ておしまい。
灰汁取りはしない、炒めもしない。
テキトーにぶった切ってテキトーに突っ込んで放置してルーぶち込んでおしまいです。
一応、ルー入れたあとに、ウスターソース・醤油・コーヒーなどを気分で入れます。
水量がテキトーなので薄そうだったらフレーク状のルーをぶちこみます。

他の人って結構手間かけてるんだろうな・・・
玉ねぎはあめ色になるまで~とか、お肉にケチャップだのヨーグルトだのをもみこんでーとか。

圧力鍋使い始めると、色々「煮る」という作業が雑になりますね。
雑にやっても形になる便利な文明の利器です。
素晴らしい。

そんな日々。
無性に豚足とチヂミが食べたいと思いながら、気が付いたらカレーを作っていました。
謎だね。

そんな近況。


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ - カテゴリー:手作り 食べ物関係

00 : 16 : 47 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ